「りえさん手帖」私も卒母、これからの人生をちょっとだけ考える

「毎日かあさん」が好きだったのでこちらも読みました。「りえさん手帖」西原理恵子さん

りえさん手帖

 

サイバラ母さんのばっさばっさと言い放つ言葉が好きです。

私は子供の育児で大変だった!!(かもしれないけど忘れた)とか、夫が何もしてくれない!(頼めばそれなりにやる)とか、文句を言えるほどの毎日ではなかったけど、それでも西原さんの著書で励まされたりしました。

 

うちの子供たちは成人していますが、同居しています。最近は頼ってしまうことも多いです。

でも、夫婦だけで生きていくことを考えないといけないなと思い始めました。

私ががんサバイバーで再発を繰り返していて、これからどれだけ生きられるか微妙なところなので、最近まで、私に老後はないだろうし、夫は子供たちと何とかやっていくんじゃない?という感じだったのですが。

少しだけ、これからは2人(もしくは1人)で生きていくということを考えるようになりました。五十路間近にして遅すぎですが、ここ数年は先々の人生まで考えられなかったので。老後ではなく、今と、そしてちょっとだけ先のことを考えるようにすればいいかなと。

 

いつかは子供たちも家を出て行くだろうから、2人(または1人)だけで生活していけるように、そして今からは人生の後始末もしていかないといけません。

……という内容の本ではありませんが、本を読んでそんなことを考えるようになりました。

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。返事が遅れる場合もありますが、なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。

運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあります。ご了承ください。

ずきみのおと QRコード

読書
スポンサーリンク
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

卵巣がんサバイバー
再発×4の治療中

ずきみをフォローする
ずきみのおと

コメント