再発×4の抗がん剤治療(2クール目)無事終了と、ちょっとした油断

スポンサーリンク

再再再再発(以下、再×4)の2クール目の抗がん剤投与が無事に終わりました。

投与前の採血結果にて、腫瘍マーカー(CA125)は既に標準値に戻っていたものの、さらに下がっており、肝機能の値(AST、ALT)もぎりぎりですが標準値に戻っていました。治療した後はまた上がると思います。γ-GTPは相変わらず高いです……。

 

特に問題もなく抗がん剤治療が終わりました。ありがたいことです。

主治医の先生とも少しずつ打ち解けてきたというか(もう5年以上のおつきあいなのに……)、やっと年を教えてもらいました。ちょっとした冗談にも軽い突っ込みが返ってくるような、返ってこないよな仲です。

 

ところで。身内がレントゲンを撮ったところ、肺に謎の影ありとのこと。

前からあったようでもあり、角度的に骨?とか、私が直接聞いたわけではないので詳細はよくわからないのですが、様子見となった一件がありました。

年齢も年齢なので、本人は何かあっても治療はできないわ~という感じです。まあ確かに。でも、実際に病名が付いたら気持ちは変化するかもしれませんね。

たぶん大丈夫だとは思いますが、身内にもこういうことも起こるんだよなと、ちょっと油断していました。

 

若い方々(に限りませんが)、油断なさらず、保険の見直しはされていたほうがいいと思います、本当に。

卵巣がん
この記事を書いた人
ずきみ

卵巣がんサバイバー
再発×4の治療中

ずきみをフォローする
おむすびうまくにぎれんけど

コメント