メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅲ種合格。少しは自信がついたかな

スポンサーリンク

メンタルヘルス・マネジメント検定のⅢ種に合格しました。70点以上で合格なのでぎりぎりでした。

メンタルヘルス・マネジメント検定 試験結果

Twitterで検索したら、Ⅲ種とⅡ種を同時に受験し、合格されている方が結構いらっしゃいました。すごいな。

今回(第26回)のⅢ種の合格率は8割近く(79.72%)。

試験は3月17日。A8フェスティバルは3月23日だったのですが、試験会場と同じ並びに会場がありました。1週間のうちに同じ土地に2回も行くという体験。

メンタルヘルス・マネジメント検定とは

>> メンタルヘルス・マネジメント検定試験とは

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、
働く人たちの心の不調の未然防止と活力ある職場づくりを目指して、職場内での役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得していただくものです。

職場で働く人がメーンかと思いますが、心の問題はどこで働こうが、そして働いていなくても関わってくるものです。自分自身だけではなく、家族などのメンタルヘルスへの対処の仕方などを学べるかなと思い、受験しました。

通信制大学で心理学を少々学んだので、そこともつながればいいなと。

今回受験したのはⅢ種(セルフケアコース)、対象は一般社員と位置づけられている試験です。

組織における従業員自らのメンタルヘルス対策の推進

なので、自分のためにもなります。

使用したテキストなど

テキストは、公式サイトで紹介されていた「メンタルヘルス・マネジメント検定試験 公式テキスト」を購入。2019年度の試験は第4版の内容とのこと。過去問題集も購入しました。

メンタルヘルス・マネジメント検定 テキストと問題集

過去問題集、私は2018年度版を使用しましたが、2019年度版というのが出るのかもしれません。ご購入の際はご確認ください。

勉強した期間

3月中旬の試験でしたが、2月から勉強を始めました。しかし、テキストをざっと一度読み(全然頭に入らず)、その後、過去問題集を解き、テキストの内容を見返してという程度しかできませんでした。

過去問題集と同じ問題が出れば大丈夫かもと思っていましたが、私が持っていた過去問題集には掲載されていない問題も出題され、テキストをきちんと読み込んでおいたほうがよかったなと感じました。

試験の合否は五分五分かなという手応え。

試験結果と今後

100点満点の76点でぎりぎりでした。模範解答が出ているので、問題を見直してみます。

合格率は79.72%と高かったので、とりあえず合格してよかったなと一安心。これで終わりにしようと思っていたのですが、Ⅱ種とⅢ種同時受験(しかも両方合格)という方も多いようなので、Ⅱ種まではチャレンジしてみようという気になりました。

私は何も資格を持っておらず、自分に自信のないまま五十路目前となりました。資格を取ったから就職できる、仕事がうまくいくというわけではありませんが、自分に少しは自信をつけたいと思い、今年はほかの資格取得も考えています。

雑記
ずきみをフォローする
この記事を書いた人
ずきみ

卵巣がんサバイバー
再発×4の治療中

ずきみをフォローする

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキング

 

ページ下部にコメント欄があります。返事が遅れる場合もありますが、なるべくコメントはお返ししますので、お気軽に書き込みください。

運営者の判断によりコメントを掲載しない場合もあります。ご了承ください。

ずきみのおと QRコード

ずきみのおと

コメント