誕生50周年記念リカちゃん展開催の長崎県美術館に行ってきました

スポンサーリンク

友達に誘われて「誕生50周年記念 リカちゃん展」を見てきました。

リカちゃん展

会場は長崎県美術館の県民ギャラリー

リカちゃん展は
2019年03月14日(木)~04月14日(日)
開館時間 10:00~18:00(最終入場17:30)
休館日 2019年3月25日、4月8日

長崎が最後の展示会場のようです。今ならまだ間に合います。

長崎県美術館

私は子どものころにリカちゃん人形で遊んだことはない(買ってもらっていない)と思うのですが。特に欲しかったわけでもなかったような。

そんな私でも楽しかったです。リカちゃん展。リカちゃんがたくさんいすぎて年寄りは目がちょっと疲れます。

リカちゃんも洋服もかわいかったけど、おままごとで使うリカちゃんハウスや小道具(?)に時代が現れていて面白かったです。おしゃれなマンションから一軒家に、冷凍冷蔵庫からドラム式洗濯機、回転寿司やコンビニエンスストア、ファストフード店まで、時代時代のものが反映されていました。

洋服づくりが好きな方にも楽しめそう。一緒に行った友達はそちらに興味津々でした。グッズ販売コーナーがあるのですが、人形の洋服づくりのための本も売っていました。

最後のコーナーだけ写真撮影OKです。

リカちゃんのおうち
リカちゃんは小学生
スワロフスキー

リカちゃん
メーテル

ものづくりの視点からも楽しめそう。リカちゃんの企画案が書かれたノートの一部も見られるようになっていたり、細かな改良点の変遷(へそがあるとか、腕や足が曲がるとか、足の指があるとか、ピアスの穴があるとか!)も記されていて興味深し。

修学旅行なのか、地元の子(授業?)かわかりませんが、男子学生がどどーっと観覧にやってきました。一部女子もいて、彼女たちは「かわいい~!」とはしゃいでいたけど、多くの男子学生たちには興味ないものだったのでは?

逆に興味がある男子学生(だっているよね)にはゆっくり見られなくて残念だったかも。販売コーナーも男子学生たちはだーっと通り過ぎていきましたし。

お土産に何か買おうと思ったのですが、リカちゃんの顔がばーん!と写っている商品が多かったので、ちょっとためらい、結局は何も買いませんでした。

ブックカバーはリバーシブルで、一面はリカちゃん!なんだけど、反対面はリカちゃんの文字が入っている程度で、柄もかわいくて相当悩みましたが、もうちょっとお安かったらなあ。

いらっしゃっていたのはほぼ女性でしたが、男性もおられました。興味ある方はぜひぜひご観覧を。昔のCMも流れていて楽しいです。

雑記
この記事を書いた人
ずきみ

卵巣がんサバイバー
再発×4の治療中

ずきみをフォローする
おむすびうまくにぎれんけど

コメント